シャープ加湿空気清浄機KI-NS50とKI-LS50の違いを比較!口コミ・評判も調査

生活家電

シャープの加湿空気清浄機KI-NS50とKI-LS50の違いを比較しています!

またシャープの加湿空気清浄機KI-NS50とKI-LS50の口コミ・評判も調査しました。

シャープの加湿空気清浄機の新モデルKI-NS50が12月に発売されました!

新モデルKI-NS50では、二層構造加湿フィルターで、効率よく加湿出来るようになりました。

また奥行きが3cm小さくなったので、寝室やワンルームなど狭い部屋でも置きやすくなりました!

シャープの加湿空気清浄機新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50はどちらもプラズマクラスター25000です!

シャープのプラズマクラスターは、付着したカビ菌やウイルスの増殖や作用を抑えたり、イヤなニオイ成分を気にならないレベルまで消臭することが出来るので人気です♪

本文では、シャープの加湿空気清浄機新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50の違いを詳しく比較しています。

また新モデルKI-NS50の特長もまとめましたので、どうぞご覧ください♪

▼▼新モデルKI-NS50はこちら

▼▼旧モデルKI-LS50はこちら

シャープ加湿空気清浄機KI-NS50とKI-LS50の違い

シャープ加湿空気清浄機新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50の違いは、大きく分けて2つあります。

  • 二層構造の加湿フィルターが搭載
  • 本体サイズ奥行が小さく、重さが軽くなった
  • まず大きな特徴として、加湿時に使う加湿フィルターが今まで一層構造だったのが二層構造になりました!

    あとは本体サイズの奥行が小さくなり、重さも軽くなりました!

    ここから少し詳しく説明します!

    二層構造加湿フィルターが搭載


    加湿フィルターを二層構造にするこによって、加湿量が旧モデルより約9%アップしました!!

    風がフィルターを2回通ることによって、フィルターに含まれる水分をより多く取り入れることが出来ます!

    水分を多く取り入れられることによって、より潤いのある風が送り出せるようになって、室内を効率良く加湿出来ます♪

    加湿「強」運転時では、1時間に600mlたっぷり加湿できます!(旧モデルは1時間に550ml)

    <加湿量比較>

    引用:シャープHP

    二層構造加湿フィルターを搭載することで、加湿「強」運転時でも運転音は旧モデルより低い43dBになり、9dB低くなりました!

    <運転音比較>

    引用:シャープHP

    みーちゃん
    みーちゃん
    40~45dBは図書館の音くらいなので、43dBはかなり静かなことがわかるね♪

    本体サイズと重さの変化

    <旧モデルKI-LS50>
    本体サイズ(mm) 幅345×奥行262×高さ631
    重さ(kg) 約8.9

    <新モデルKI-NS50>
    本体サイズ(mm) 幅384×奥行230×高さ619
    重さ(kg) 約7.9

    大きさが、幅は3.9cm大きくなりましたが、奥行きが3.2cm、高さが1.2cm小さくなりました!

    奥行きがなくなったことで、寝室やワンルームなど狭いお部屋に置いても邪魔になりにくくなりました♪

    また重さも1㎏軽くなって、持ち運びが楽になりました♪

    新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50どちらがおすすめ?

    <新モデルKI-NS50がおすすめの方>

  • 二重構造の加湿フィルターでより加湿をスムーズに早くしたい方
  • 寝る時など音が気になるので、運転音が小さい方がいい方
  • 奥行きが小さくなったので、寝室や子供部屋など、置く予定の場所が狭い方
  • 見た目が変わったので、見た目が新モデルの方が好きな方
  • <旧モデルKI-LS50がおすすめの方>

  • スマホと連動できるアプリ「COCORO AIR」が使いたい方
  • (旧モデルKI-LS50の連動アプリにはワンちゃんネコちゃんに対応した「ペットモード」や、人がいないときに、自動で加湿を弱めることで、加湿頻度を下げることが出来る「AI加湿サポート」など様々な機能があります!)

  • お値段重視の方
  • ※11月30日現在約1万5000円差あります。

    みーちゃん
    みーちゃん
    寝室で音が気になったり、とにかく乾燥する時期の加湿を重視したいという方以外は、旧モデルKI-LS50がおすすめですよ♪

    旧モデルKI-LS50と新モデルKI-NS50の違いを一覧にしました!

      KI-NS50
    <新モデル>
    KI-LS50
    <旧モデル>
    基本仕様写真
    浄化方式「プラズマクラスター25000」空中浄化&フィルター浄化「プラズマクラスター25000」空中浄化&フィルター浄化
    加湿方式気化方式気化方式
    加湿量最大 600mL/h最大 550mL/h
    給水タンク容量約2.7L約2.5L
    外形寸法(mm)幅384×奥行230×高さ619幅345×奥行262×高さ631
    質量(kg)約7.9約8.9
    電源コード長さ(m)約1.8約1.8
    センサーニオイ / 湿度 / 温度ホコリ / ニオイ / 湿度 / 温度 / 照度
    モニターデジタル温度・湿度・電気代モニター / きれいモニターPM2.5濃度デジタル表示(目安)/
    デジタル温度・湿度・電気代モニター / きれいモニター
    空気清浄清浄時間8畳 / 12分8畳 / 12分
    空気清浄適用床面積(目安)~23畳(38m²)~23畳(38m²)
    風量(m³/分)5.15.1
    消費電力(50/60Hz)5264
    1時間あたりの電気代(円)約1.4約1.73
    運転音(dB)5153
    加湿空気清浄清浄時間8畳 / 17分8畳 / 13分
    空気清浄適用床面積~16畳(26m²)~22畳(36m²)
    加湿適用床面積プレハブ洋室 
    ~17畳(27m²)
    木造和室 
    ~10畳(17m²)
    プレハブ洋室
    ~15畳(25m²)
    木造和室
    ~9畳(15m²)
    風量(m³/分)
    3.64.7
    消費電力(50/60Hz)
    2453
    1時間あたりの電気代(円)
    約0.65約1.43
    運転音(dB)
    4352
    ※風量、消費電力、1時間あたりの電気代、運転音はモード強の場合です

    ▼▼新モデルKI-NS50はこちら

    ▼▼旧モデルKI-LS50はこちら

    シャープ加湿空気清浄機KI-NS50の口コミ・評判

    12月3日に発売されたばかりのため、口コミがありません。

    また口コミが増えましたら、追記させていただきます♪

    旧モデルKI-LS50では、たまひよの赤ちゃんグッズ2020の空気清浄機部門で1位になるなど、高評価だったので、今回も高評価になると思います♪

    旧モデルKI-LS50の口コミをまとめてみましたので、参考にしてください♪

    シャープ加湿空気清浄機KI-LS50の口コミ・評判

      <ニオイがなくなる!>

    • 喫煙したら、すぐに赤く反応しています。
      19畳で使用していますが、
      部屋の隅々のタバコの匂いがなくなりました。
      Amazonより引用

      <花粉に効果あり!>

    • 2月に花粉が飛び始めてから、家の中でも鼻をかむことが多かったが、購入後少なくなった。また目のかゆみのために目薬をさすのも少なくなった。
      Amazonより引用

      <音が静か>

    • 常に稼働して加湿と空気清浄
      音も静かでコンパクトな上に消費電力が少なく省エネですね。
      楽天市場より引用
    • どのメーカーの機種も静音モードで動かす分には静かなのですが、この機種は強にしても比較的うるさくありません。
      (以前ダイキン、ブルーエアも使っていましたが強にすると会話ができないレベルでうるさいです)
      Amazonより引用
    • すごく静かで驚きました!
      Yahoo!ショッピングより引用

      <アプリで操作できるのがいい!>

    • ネットと連動して部屋の空気状態がわかるのもいいです。
      Amazonより引用
    • スマホにアプリを落として遠隔操作出来ます。部屋の温度湿度も外出中でもわかるので便利で安心。
      Amazonより引用
    • スマホで設置場所の温度や湿度、空気の汚れ具合をチェックでき空気清浄機の操作も可能と今時な機能がおもしろい
      価格.comより引用

      <残念な点>

    • パワーを上げるとたくさん吸い込んでくれますが、その分上から風が出て、前にいる人は寒くなるので置き場所を考えないといけません。
      Amazonより引用
    • 加湿用の水タンクがもうちょっと大きい方がよかったと思います
      Amazonより引用

    みーちゃん
    みーちゃん
    口コミを見ていると、ニオイが気にならなくなったり、花粉がマシになるなど、効果を感じでいる人もいたよ♪
    かーくん
    かーくん
    アプリと連動させると、家の外でも湿度と温度がわかって良いという口コミもありました♪

    ペットを飼っている人は、仕事の休憩時間などに温度湿度を確認して、遠隔で部屋を加湿したり、クーラーで温度を調節しているみたいです!

    アプリと連動させる機能は、新モデルKI-NS50にはないので、アプリ連動をしたい方は、旧モデルKI-LS50を購入されるといいと思います!

    ▼▼新モデルKI-NS50はこちら

    ▼▼旧モデルKI-LS50はこちら

    シャープ加湿空気清浄機新モデルKI-NS50の特長

    シャープの加湿空気清浄機新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50は、シャープの加湿空気清浄機の中では、スタンダードモデルになっています。

    スタンダードモデルは、最上級モデルは価格が高いから手が出せないけれど、性能高いものが欲しい!という方におすすめのモデルです♪

    新モデルKI-NS50では、加湿性能が向上した上に、運転音も小さくなり、さらに本体の奥行が小さくなったので、寝室のベットの横など狭いスペースにも置けるようになりました!

    加湿性能を向上させつつ運転音を小さくできた理由は、二層構造の加湿フィルタ-にあります。

    この二重構造の加湿フィルターが使われているのは、2020年発表されたモデルでは今回紹介している新モデルKI-NS50と、ハイグレードモデルのKI-NX75の2機種のみです!

    ハイグレードモデルと同じ加湿機能のものを使えるというのは、お買い得だと思います♪

    二重構造の加湿フィルターも含めて新モデルKI-NS50の特長をまとめました♪

    空気清浄機能の特長

    プラズマクラスター25000搭載

    プラズマクラスターの効果で、付着したカビ菌やウイルスの増殖や作用を抑えることが出来ます!


    引用:シャープHP

    イヤなニオイ成分を分解・除去できるので、気にならないレベルまで消臭が出来ます。

    また付着ニオイ原因菌の作用も抑制するので、コートなども風の当たる位置に置いておけばニオイが取れます♪


    引用:シャープHP

    みーちゃん
    みーちゃん
    ニオイ成分を分解除去するのはシャープのプラズマクラスターならではの機能なんだって♪

    スピード循環気流

    スピード循環気流で、部屋全体に風の流れが素早く行き渡ります。

    壁から天井を伝い、部屋全体に風の流れを作ることによって、遠くのホコリも引き寄せることができ、ホコリは大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引されます。

    みーちゃん
    みーちゃん
    背面は壁際3cm以上空けていれば効果を発揮できるよ!

    さらにプラズマクラスターイオンが壁やカーテンなどお部屋全体に行きわたることによって、静電気を除去するので、静電気による付着を抑えることが出来るので、より効率良くホコリを集めることが出来ます。

    3つのフィルターでしっかり脱臭、集じん

    <抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター>
    大きなホコリを入り口でブロック出来ます。

    目の細かいフィルターで、内部にホコリが入るのを防ぎ、集じん性能の低下を抑えます。

    抗菌・防カビホコリブロックプレフィルターに使い捨てプレフィルターを取り付けて使用します。

    使い捨てプレフィルターは1か月に1回交換が必要ですが、抗菌・防カビホコリブロックプレフィルターは交換不要で、掃除機で簡単に掃除出来ます♪

    商品を購入すると、使い捨てプレフィルターが3枚ついています!

    <ダブル脱臭フィルター>
    空中に漂うタバコ臭やペット臭、料理臭など気になるニオイをしっかり脱臭します。

    活性炭に吸着剤を加えているので、寝室にこもりがちな汗臭もしっかり吸着しますよ!

    交換目安は約10年なので、コスト面も安心です!

    <静電HEPAフィルター>
    花粉などの微小な粒子もキャッチ出来ます。

    なんと0.3μmの微小な粒子を99.97%以上集じんします!

    さらに、静電気を帯びているため目詰まりしにくいのが特徴です。

    こちらも交換目安は約10年なので、コスト面も安心です!

    みーちゃん
    みーちゃん
    全部高性能なフィルターだけど、使い捨てプレフィルター以外は、交換まで10年あるから、年に何回も交換する手間と費用がかからなくていいね♪

    加湿機能の特長

    二層構造の加湿フィルター

    加湿フィルターを二層構造にするこによって、加湿量が旧モデルより約9%アップしました!!

    また加湿「強」運転時でも運転音は旧モデルより低い43dBになり、9dB低くなりました!

    みーちゃん
    みーちゃん
    ハイグレードモデル(KI-NX75)と同じ技術で作られたフィルターだよ!

    Ag+イオンカートリッジ

    タンクのキャップに「Ag+イオンカートリッジ」を装着することで、タンクやトレーのぬめりやニオイの原因となる水中の菌を抑制出来ます。

    1年に1回の交換が必要です。

    みーちゃん
    みーちゃん
    イオンカートリッジは1つ1000円ほどで購入できるので、忘れずに交換したいね♪

    抗菌・防カビ加湿フィルター


    加湿をしていない時は加湿フィルターが水につからない位置で停止し、送風で乾燥されるため清潔に保てます。

    交換目安は約10年なので、コスト面も安心です!

    みーちゃん
    みーちゃん
    交換目安は10年だけど、1ヶ月に1回程度はフィルターのお手入れが必要なんだって!

    使いやすさ

    パネルを外さずにお掃除出来る


    プレフィルターについた大きなホコリは、後ろパネルをつけたまま、掃除機で吸い取るだけで、簡単にお掃除ができます。

    パワフル吸じん運転

    10分間の最大動力で運転して、プラズマクラスターを集中的に放出し、壁などに花粉やホコリなどをが付着するのを抑えます。

    その後、50分間は強めの風量で強力に吸じんして、花粉やほこりをキレイにします。

    みーちゃん
    みーちゃん
    家に帰ってきてからすぐに使うと良さそうだね♪

    静音設計(弱運転時)

    静音モードだと、加湿空気清浄でも19dBなので、赤ちゃんが寝ている部屋で使っても睡眠の邪魔をしません。

    また寝室で暗い中使う場合は、「おやすみ運転モード」にすると、静音に加えてモニターの眩しさと風量も抑えて静かに運転してくれるので、睡眠の邪魔をしません。

    みーちゃん
    みーちゃん
    20~30dBだと郊外の真夜中レベルの音だから、19dBだとほぼ無音だね!

    キャスター搭載


    キャスターがついているので、部屋の移動や掃除機をかける時に、簡単に移動出来ます。

    またキャスターはストッパーで固定も出来るので、子供がいる家庭でも安心です。

    みーちゃん
    みーちゃん
    旧モデルより軽くなったとはいえ、水の入っていない状況でも7.9㎏あるから、キャスターがついているのは便利だね♪

    まとめ

    今回は、シャープ加湿空気清浄機新モデルKI-NS50と旧モデルKI-LS50の違いを比較しました!

    新モデルKI-NS50では、見た目のモデルチェンジがあったので、見た目が新モデルKI-NS50の方がいい方や、奥行きが約3cm小さくなったので、狭いスペースに置きたい方、加湿のスピードを重視する方、音が気になるので静かな方がいい方以外は、旧モデルKI-LS50で十分だと思います!

    また新モデルKI-NS50で搭載されなかった、アプリ連動機能なのですが、アプリだけでなく、スマートスピーカーにも対応しているので、家をスマート家電で揃えている方や、これからスマート家電で揃えたい方などは、旧モデルKI-LS50がいいと思います♪

    新モデルKI-NS50は12月3日発売なので、いち早く手に入れたい方は、予約がおすすめです♪

    ▼▼新モデルKI-NS50はこちら

    ▼▼旧モデルKI-LS50はこちら


    今までありそうでなかった電気ケトル+小鍋のシロカおりょうりケトルも人気です♪

    タイトルとURLをコピーしました