パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いを比較

キッチン家電
スポンサーリンク

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いを比較しています。

パナソニックホームベーカリー SD-MT4は、2019年9月1日に発売された、D-MT3の新モデルとなり、2021年9月1日に発売予定です。

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いは3つあります。

  • 3D匠練り
  • Wセンシング発酵
  • 搭載メニューの増加(リッチ パン・ド・ミメニュー・低糖質パンメニュー)

この新機能で、よりふっくらと、安定した出来映えのパンを作れるようになりました。

また、近年注目されている低糖質のパンを作ることも出来る様になり、おうちで手軽に低糖質パンを楽しめる様になりました。

本文ではより詳しく、パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いについてご紹介していきます♪

旧モデルSD-MT3の口コミや評判やレシピなどはこちらに詳しくまとめていますので、合わせてご覧ください♪

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT4はこちら

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT3はこちら

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いを比較

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いは3つあります。

  • 3D匠練り
  • Wセンシング発酵
  • 搭載メニューの増加(リッチ パン・ド・ミメニュー・低糖質パンメニュー)
みーちゃん
みーちゃん

どういった機能なのか、ひとつずつ説明しますね♪

3D匠ねり

パンケースの突起(リブ)と、パン羽根の設計、さらに、プログラムによって、パン生地を混ぜるだけでなく、「たたく」「伸ばす」を3次元で行う事で、立体的にこねる正にプロの技法が取り入れられているといえます。

パンがふっくらと仕上がるのは、グルテンの働きによるものです。混ぜるだけでなく、しっかりと、適切にこねられる事で、グルテンの生成がより促され、伸びの良い生地を作り上げて、きめ細かく、弾力のあるパンが焼きあがります。

引用:パナソニックHP

「3D匠ねり」で作られた生地は、「3D匠ねり」無しで作られた生地と比べて、約17%も生地の伸びが良くなったという結果もでています。

みーちゃん
みーちゃん

正に匠の技でねりあげられるんだね♪

Wセンシング発酵

「室温センサー」と、「庫内温度センサー」で、季節や、運転時の、室温の変化によって、ドライイーストを混ぜ込むタイミングや、プログラムも自動で調整してくれます。

パン作りに重要な温度管理ですが、内蔵された2つのセンサーの働きで、最適なプログラムを自動で行ってくれることにより、より良い発酵ができ、1年中安定して、ふっくらとしたパンが作れます。

みーちゃん
みーちゃん

「ねり」と「発酵」の2つの機能の向上のおかげで、よりふかふかのパンが季節を通して、安定して作れるようになったんだね♪

搭載メニュー

<リッチ パン・ド・ミメニュー>

リッチ パン・ド・ミ プレーン

リッチ パン・ド・ミは、より生食パンに適したプログラムになっています。

パン・ド・ミとは、「中身のパン」のことで、パンの「クラスト」、いわゆる皮を楽しむフランスパンに対して、中身となる「クラム」を味わう、本格と呼ぶにふさわしいパンのことです。

パン・ド・ミは、本来、一般的な食パンと比べて、ひと手間もふた手間もかかる本格パンですが、パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3では、おまかせで作ることができます。

パナソニックホームベーカリーSD-MT4に新たにできた、リッチ パン・ド・ミメニューは、従来のパン・ド・ミと比べ、「ねり」、「ねかし」の工程を増やすことにより、パン・ド・ミよりも、さらにきめが細かく、やわらかい焼き上がりになります。

<低糖質パンメニュー>

低糖質パン ベーシック

低糖質パンメニューが新たに搭載されたことによって、「低糖質パン」メニューと、パナソニックの「低糖質パンミックス」を使って、糖質60%OFFでも、ふっくら、翌日までしっとり美味しいパンを焼くことができるようになりました。

低糖質パンミックスは、植物性たんぱくを使用していますので、ふんわりやわらかくて、おいしいパンが焼きあがります♪

注目を集める低糖質を、手間を掛けずに、お手軽にパンでも実現できちゃいます♪

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT4はこちら

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT3はこちら

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3のどちらがおすすめ?

パナソニックホームベーカリーSD-MT4がおすすめの方
  • せっかくなら、よりこだわりの強いパンを作りたい人。
  • 低糖質パンを作ってみたい人。
みーちゃん
みーちゃん

匠の技を取りいれた、より上質なパンなのに、ホームベーカリーが自動で全部やってくれるから、手間は今までと変わらずにできちゃうのが魅力だね♪

パナソニックホームベーカリーSD-MT3がおすすめの方
  • 基本的なパン作りがしたい人
  • 低糖質などにあまり興味がない人
  • お得にパナソニックのホームベーカリーを購入したい方
    (2021年7月現在、1万円程お安いです♪)
みーちゃん
みーちゃん

せっかくならより美味しいパンを作りたいけど、コスパも重要だよね♪

旧モデルSD-MT3の口コミや評判やレシピなどはこちらに詳しくまとめていますので、合わせてご覧ください♪

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT4はこちら

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT3はこちら

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の共通する特徴

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3には、共通する特徴もいくつかあります♪

  • レーズンやナッツを自動投入出来る♪

    (レーズンやナッツなどをベストなタイミングで自動で投入してくれるので、まんべんなく生地に混ぜ込むことが出来ます)
  • 粗混ぜ機能

    (チーズやベーコンなどのやわらかい具材を混ぜ込みたい時に、形を残したまま混ぜ込むことが出来ます)
  • 予約タイマー
    (朝の焼き立てのパンを食べたい時など、食べたい時間に合わせて予約することが出来ます)
  • パンだけじゃなくジャムや甘酒、お餅も出来る♪

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT4はこちら

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT3はこちら

パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いを比較のまとめ

今回は、パナソニックホームベーカリーSD-MT4とSD-MT3の違いの比較をしてみました♪

パナソニックホームベーカリーSD-MT4は、SD-MT3の新モデルにあたり、2021年9月1日発売予定になります。

現在、予約受付していますので、早く手に入れたい方は、予約しておくことをおすすめします♪

SD-MT3と比べ、新たに3D匠ねり、Wセンシング発酵の機能が増えて、搭載メニュー(リッチ パン・ド・ミメニュー、低糖質パンメニュー)も増えたことで、さらにきめの細かいふっくら、ふんわりしたパンが、1年中安定して作れるようになって、よりリッチな本格パンや、低糖質パンが焼けるようになりました♪

より上のパン作りを目指したい、低糖質に興味がある、という方には注目の新モデルですね♪

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT4はこちら

▼▼パナソニックホームベーカリーSD-MT3はこちら


ホットサンドをするなら、厚切りのホットサンドが作れるレコルトのプレスサンドメーカーがおすすめです♪写真付きでレビューしています♪

スポンサーリンク
楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる
キャンペーンをやっています♪♪

今回の商品が実質5000円オフで購入できる上に、時期によってはさらにプラスでポイントがもらえちゃいます☆

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん
コンビニやドラッグストア、飲食店(マクドナルドやくら寿司)など街中でも使えます。

この商品を実質5000円オフ、5000円以下のものなら実質無料でお買い物ができるのでとてもお得ですよね^^

また楽天カードを持っていると、今後楽天市場でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会に作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます
>>>楽天カード新規入会

キッチン家電
みーちゃんをフォローする
にちじょうのひととき
タイトルとURLをコピーしました